So-net無料ブログ作成
検索選択

第49回きままな飛行会 [遠征]

先週末、久しぶりのきままな飛行会でした。

110522_all.jpg

風がけっこうありました。
110521_wind.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

きままな飛行会 第44回 [遠征]

久しぶりに参加させていただきました。
快晴の良い天気でした
091219_all-1.jpg
風が強く吹流しは終始真横を向いているような感じで
風速計を持参した仲間の計測では風速(3~4m/s)
大半は小型電動機なので風待ちの時間が長いですが
それもまた一興です。
陽射しも眩しく、フライトコースによっては機体がとても見難かったです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

電動機のつどい [遠征]

12月6日
Kaさんと一緒にクロスウィンドの飛行場へ行ってきました。
朝家の近くはモヤがかかって、どんな天気になるか予想もつきませんでしたが
到着してみると快晴!午前中は風も無くよいコンディションでした。

091206_1.jpg

昔よく電動機の集いでお会いしていた人に久しぶりにお会いしました。
091206_2.jpg
Wさんは前から一貫してスケールを楽しんでおられます。
091206_3.jpg
疾風
091206_4.jpg
091206_5.jpg
おっとっと!
091206_11.jpg
カウリングの内側には、ダミーエンジンが見えます。
091206_7.jpg
飛燕のキットを改造したマッキ。
元が飛燕だなんて聞かなければ気がつきません。d(^^)
フライトも迫力ありました。


091206_9.jpg
ディモナ
フレキシブルロッドのリンケージのせいか、舵が残る挙動が出ているそうです。
角倉さんの操縦で無事飛んでいました。

091206_10.jpg
集合写真を撮ったあと。。

091206_12.jpg
コマンダー148
きれいなカラーリングで最初コマンダーと気がつきませんでした。

091206_8.jpg
S川さんの鳥形飛行機の手投げ発進
難しい飛行機だったそうで、調整をかさねてよく浮くようにされていました。
091206_6.jpg
S川さんのサンダーボルトの機首
50プロダクトのパワーユニットが搭載されています。


091206-ka_4.jpg
KaさんがKuさんに撮影されてます。
091206-ka_2.jpg
KaさんのLoop
小型機をいろ持っていかれたので午前中の穏やかな天気がちょうどよかったです。
私もチョビー(仮)をもって行ったので、2機同時フライトもしてきました。


他にも、F-16、F-86FなどのDF機
小型機のピラタス、大型機のエクストラ、トレーナー、ホットライナーなど多数ありました。

角倉さんをはじめ、Kurosawaさん他、クロスウィンドの皆様
参加者のみなさん、ありがとうございました。


追記
Kaさんより画像をいただいたのでアップ
SIGのオテンバのフライト
P1020119.JPG
P1020120.JPG
練習不足で直線飛行がが直線でない。。。(^^ゞ
バタバタ飛ばして誤魔化していました。(^^;
nice!(0)  コメント(2) 

090124 [遠征]

土曜日に「きままな飛行会」に尾島まで出かけました。

090124_2.jpg
道すがら、空気が良く澄んでいて遠くの山並みがとても良く見えました。
ところが、
風が強く吹いています。
風速計で5~6m/sぐらい出ていたようです。
小型軽量な機体も多く、皆で「飛ばせない」と判断し中止となりました。
090124_1.jpg
中止となった後も駐車場でだべり続けて帰路についたのは昼近くとなりました。(^^ゞ


駐車場で見つけたもの
090124_3.jpg
リポバッテリーが落ちていました。
プロペラで切ったような痕があり、コネクターが外され
線の端がビニールテープで止められています。
トラブルが起きた後に、様子を見ていて置き忘れていったのでしょうか。

不要になったバッテリーは持ち帰り処分しなければなりません。
nice!(0)  コメント(0) 

2009年電動機の集い(ブラシモーターor減速機編) [遠征]

18日にクロスウインド・フライヤーズ・クラブ飛行場まで出かけてきました。
今回からカテゴリー別にしてみたそうです。

2009年初っ端の今回はブラシモーターと減速機搭載機のみです。
090118.jpg
曇天で風もなく、それほど冷え込むこともなく
なかなかのフライト日和でした。

目玉は雑誌にも載っていたこの機体
090118_1.jpg
2000Wの出力を誇るモンスターマシン
090118_2.jpg
S川さんの操縦で魅せます。
090118_3.jpg
50プロダクトのベルト2段式の減速機を搭載しています。


090118_4.jpg
モーターグライダー的な雰囲気もきれいな機体です。
ジェントルな飛ばし方が似合いますね。


540モーター・ギヤダウンは懐かしさを憶えます。(^^ゞ
090118_9.jpg
K倉さんのボレロ
090118_6.jpg
K澤さんのピッツS-1
昔は無かったフラッシュライトやジャイロが搭載されていました。


400モーター・ギヤダウン
090118_7.jpg
QRPのEPカブMkⅡ

090118_8.jpg
こちらのエスパーはムサシノモーターに換装され、パイロン機ばりのカットビに!

カットビといえばS川さん!
090118_11.jpg
モーターグライダーからスポーツ機みな同じように飛びます。
久しぶりのこうき号もあいかわらずの安定性&機動性を見せていました。

電動ヘリ
090118_10.jpg
ローターの回転数をどうやって計測するか!?見ものでした。(^^)

私は、ムサシノDモーターを搭載した「オテンバ」と
GWSのダクトユニットを搭載した自作の無尾翼機「ぷりんせするるど号」を持参し、
同行したKさんは、ハイテックのジェミニにムサシノDモーターを搭載した機体を
お披露目してきました。


いろいろなパワーユニットを扱ってきた人ベテランのたちと話をしていて
日ごろから感じていた
「ブラシモーターの方が中低速で扱いやすいよね」
という意見が出ていたのが印象的でした。
ブラシレスより重いと言われて敬遠されがちになってしまった面もありますが
重心をあわせやすくバッテリーを重心位置に搭載できるメリットはとても大きな物があります。
スピコンが限られてきてしまったのが難点ですね。


久しぶりに訪ねた開催地と、お題がブラシモーターor減速機編ということで
顔見知りのベテランフライヤーが多く、懐かしい感じがしました。
実の伴ったベテランばかりだと、やフライトも安心して見学できました。


クロスウィンドのメンバー諸氏ならびに参加された皆様
ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

第36回 きままな飛行会 [遠征]

先週末の2008年3月22日
仲間内の飛行会へ行って来ました。
080322_wind.JPG
朝の風はこんな感じで決して微風ではありませんでしたが、
昼近くには1~2mそこらの風になりスカイパピーも飛ばせました。

080322_a2.JPG
浮かし隊の面々

080322_i.JPG
Iさんの90クラスの飛燕
今度、京商のスピットファイヤー90を組むので参考になること多数。
運用面その他いろいろ勉強させていただきました。

080322_1-2.JPG
ねこみんさんのエアロスバル撮影するTORIIさん
最近みなさん、いい一眼デジカメをお持ちです。

080322hana2.JPG
080322hana.JPG
土手には、タンポポ、菜の花、なずな、春の花がたくさん咲いていました。
春ですねぇ。。(’’)

080322sunset.JPG
フライト終了後荷物を片付けた後に世間話をしていたら、こんなに日が傾いてしまいました。(^^ゞ

もっと他の飛行機など飛行会の風景が見たい方は、
「とりさんのひとりごと」
「みんねこ50円」
を参照ください。


nice!(0)  コメント(0) 

新春KYOSHOフェア [遠征]

京商の新春フェアで、この春発売予定の新製品など見てきました。

フォッケウルフ50

まず目を引くのがカラーリングです。
詳細なディティールがつや消しで表現されています。
マスターコート」と命名されたこの機体のカラーリング
なかなか素晴らしい感じでした。

飛燕40

この機体もよくできていますが、フォッケウルフ50と較べると
スケール感では一歩及ばない感じに見えてしまいます。
実際に飛ばすならば、運用面ではこちらの方が良さそうに思えます。

EP JETビジョン DF45



この春の目玉はこの機体です。
電動ダクテッドファンで可変後退翼!
カッコイイし、飛ばした時に飛ばした時に可変させると
どの様な挙動を示すのかたいへんに興味深いです。
後退角はプロポのギヤchで制御するのでギヤchのあるプロポが必要になり、
サーボは引き込み脚用のサーボが必要です。

VF-1S(マク○スのバルキリー)みたいなカラーリングにしてみたい。。。(^^ゞ

飛行機関係ではないですが、、、

ブルドーザー


発表されてから2年ちかく経つと思いますが、そろそろ「発売」みたいです。
建設用の重機のメカっぽさがたまらなく良いです。(^^)


プラモデル・ラジコンショー [遠征]


幕張メッセで行われた「2007 プラモデルラジコンショー」を見てきました。
駆け足で見てきたのですが、それなりの今年の傾向と印象をレポートします。

○ラジコン飛行機

OK模型のブースでは電動ダクテットファンに目がとまりました。

「L-39 アルバトロス」


「MIG-15」


K&Sの展示機
このパワーユニットパワフルです。
きれいに仕上がっていてやはり“かっとび”そうです。
K&Sのダクテットファン機もいよいよリリース間近
ただし、これらの機体は立派な飛行場でないと不釣り合いな感じがします。
(運用が難しそう)
ワット数も大きそうなのでバッテリーもそれなりに大きい
大きな電動機、40**とか50**クラスのブラシレスを搭載し
3000mAh以上のバッテリーを使用するスタント機を飛ばせる環境の人ならば良さそう。


“かっとび”と言えば、やはりK&Sの「シルキーウィンドレーシング」
これも流麗なデザインでさすがK&S
K&Sでは新生シルキーウィンドシリーズが目玉です。


元祖「シルキーウィンド」がリニューアル
「シルキーウィンドE500」
モーター、バッテリーを最近の事情に合わせた形に変更され、
主翼の取付け方法など細部も見直されてます。
足回りがいちだんとカッコ良くなって、より高級なイメージになりました。

写真はありませんが、
「シルキーウィンドパンサー」というスパン1800という大柄なEP機もありました。
GP70クラスに匹敵するようなサイズですが、全備重量1500g程度に抑えられ
3S・1300~2000mAhのバッテリーで堂々のスポーツフライトが可能だそうです。
そして

「EP-32トレーナー」
やはり3S2000mAhクラスのバッテリー使用の
“GP32クラス”に匹敵するサイズのトレーナー機です。

“GP32クラス”といえば

京商の「カルマートスポーツ 1400 EP」GP32クラスサイズの低翼機
K&Sの「EP-32トレーナー」肩翼機、それに
ショーには参加出品されてはいませんが、
ヒロテックの扱う「REX 32E」
みなほぼ同様のコンセプトの機体に見うけられます。

ミニュームプレーンの新型がデビュー

デカスロンの「シタブリア」
第一弾の「セスナ」よりも翼面積を若干広くより低速での飛行を、
そして旋回性能も上げてきたそうです。
他に、やはり2.4Ghzの2chのロボットの形をしたヘリコプターが楽しそうでした。

○ラジコンヘリコプター
GPヘリにはかつての勢いを感じません。
EPヘリはブラシレスモーターが搭載される仕様に見直されています。
そんな中、ブラシレスモーターではない新作機が
仮称「SRB」、ヒロボーのシングルローターEPヘリコプター
ほぼXRBと同じサイズで、新機構満載のヘリコプターです。
XRB発売の際に速攻でコピー商品を作られてしまった教訓から
SRBの撮影は許可されませんでした。
内緒でちょっとだけ操縦させてもらいましたが、
挙動はシングルローターそのもので(当りまえですね)
XRBよりも運動性を上げ、広い体育館でより遊べる機体になってます。
XRBでのホバリングにも慣れ、もう飽きてきたかな~という人にお勧め
(勿論、そうで無くても良いですが)
小型のEPヘリは有象無象が発売されていますが、
XRBの安定性や扱い安さから較べると、階段を3段飛び越しぐらいの差があります
空白だったその中間クラスを埋める機体だと思います。
ネットで¥20~30Kのフルセットを買って「失敗した!」と思ってる人は
こういう機体を買うべき!・・・かな。(^^)

○ラジコンカー
ごめんなさい、チェックしていません。m(_ _)m

○プラモデル
どのプラモデルメーカーも 食玩への商品展開をしています。
そうかと思うと、
各社¥10K以上もする様なマニアックなプラモデル?が目立ちました。
メーカーのターゲットが30~40代の年齢層になってます。
子供の為の物が無くなってきたことが非常に嘆かわしいです。
物を作れる日本人を支えてきたのは、
子供の頃からおもちゃを工夫して遊ぶ環境だったと思うのですが…
今の企業は、作る楽しみを提供することをやめて
会社の利益が追求しやすいコレクション性にばかり目を向けている
さもしい企業ばかりとなりました。
よりいっそう“プラモデルを作る”文化の廃退に拍車がかかるでしょう。

T社では食玩は見あたりませんでしたが、全て高級志向
海外に向けたブランドイメージを大切しているのか
国内での販売を意識していないのか・・・
ミニ四駆の新しいシリーズもありましたが、ちょっと値段が高く感じます。
前のブーム時のユーザー層の「懐かしさ」に訴える作戦・・・なのでしょうか。。
Bグループのブースはプラモデルでもラジコンでもないものの方が多く
なんのイベントのブースなのかよくわかりません。
今月末PS2で、ボトムズのゲームが出るようです。
昔PS版でよくできたボトムズのゲームがあったのですが
ソレ系のアクションゲームのようでした。 ちょっと楽しみです。(^^ゞ
そうそう 、年末ぐらいにスタートレックとスターウォーズの食玩が出そうです。
悲しいかな、そういう物が気になる世代。。。σ(^_^;


第5回SSE水上機の集い(070819) [遠征]

埼玉県の北東の端にあるSSEの飛行場で行われた水上機の集いを見学してきました。
よく日が射した快晴の猛暑日でした。


30機ぐらいの水上機が大小とりまぜて駐機されています。

木陰にはフライヤーと飛行機がびっしりと・・・

駐機スペース内の木陰にも力作が寄り合っています。

全幅2mぐらいの大型機から、全幅1m弱の小型機までサイズも様々、
そのスタイルも、双フロート、3点フロート、飛行艇タイプとまた様々、
パワーユニットも、
4サイクルエンジン、2サイクルエンジン、ブラシモーター、ブラシレスモーター
と様々で、
フライトスタイルも、スケールライクな飛行から、アクロバティックなフライトと様々。

川の水面は水が少なめで、ところどころ川底が覗いていましたが、
みなさん、ベテランフライヤーなので上手によけて水面を走らせます。
軽量に作られた大型機は低速での飛行も安定した物で
ローパスやタッチ&ゴーには迫力があります。
穏やかな挙動のゆったりしたフライトを飛ばす側も観る側も楽しみます。
実際には小型の飛行機でも同等の低速で飛んでいる飛行機はたくさんありますが
対象物が大きいので視覚効果的にもゆっくり飛んでいるように見えるので
特にゆったりした様に見える大型機はアピール度が大きいです。

本部テントの隅っこに潜り込んで観ていましたが、
それでもとても暑く、熱中症予防に水分補給は欠かせませんでした。
まとめて3リットルぐらい持ち込んだ、コーヒーウーロン茶、スポーツドリンク、氷水
全て消費しました。(^^;
夏らしい一日を満喫できました。d(^^)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。