So-net無料ブログ作成
検索選択
ホビーショー ブログトップ
前の10件 | -

静岡ホビーショーにて [ホビーショー]

先週、静岡ツインメッセで行われたホビーショーを見てきました。

ミニヘリのスタビレスの多ローター機が目にとまりました。
hirobo-01.jpg
ヒロボーのSRBの4枚ローター機です。
この赤黄色のボディカラーの機体を操縦させてもらった感想は、
XRBとSRBの中間のような安定性で、
狭いデモサイトの中でも充分安定したホバリングができました。

ハイテックのブースにも多ローター機がありました。
hitec-01.jpg
hitec-02bht.jpg
こちらも優れた安定性があり、多ローター機の制御も進んだものだと思います。
hitec-02.jpg
ボディのディティールもすばらしく実機感満タンです。

500mmクラスの比較的大きなサイズになる ラマ スタイルの機体
hitec-07l1.jpg
こちらは可変ピッチ3枚ローターです。
hitec-07l2.jpg
電動スケールヘリでは最高の部類ですね。

hitec-03-129.jpg
レボリューションのベースの中級練習機、固定ピッチのスタビレス、ソロプロ129
そして129をベースにしたと思われる、ヒューズ500ボディをまとった127がありました。
   ヒューズ(127)の写真を撮り忘れました。

hitec-04al.jpg
2.4Ghzのユニット
オーロラ9など高性能プロポでナインイーグルのヘリを操縦できます。
また、iPhoneで機体の情報を表示させるインターフェイスとアプリなど

マルチプレックスの新製品
hitec-05.jpg
気持ちのよい飛びが期待できる小型レーサー
スカイチョビーに慣れたら、もっと高速な世界に踏み込むのも面白そうです。
hitec-06.jpg
ウィンドクルーザーとスカイスコート
マルチプレックスのイージーグライダーの血を引くよく設計され飛びの良い機体に
ハイテックのメカを搭載し、フルセットにしたモデルも用意されていました。
他に、送信機のないセット、送受信機のないセットなど、細かく設定されています。
スカイスコートは空撮動画で使用されている機体の最新バージョンですね。
一般的には入門機ですが、そのキャパシティの広さから
さまざまな遊びに使われている機体です。


京商のエアプレーン
k-01.jpg

GBが目を引きます
k-02gb.jpg
以前発売されたフロート付きのセスナと同様の素材構成の機体で
このシリーズはけっこうよくできています。
k-02gbt.jpg

k-03swing1.jpg
スウィングDL1000
手軽なサイズのディスカスランチ(SAL)のグライダー
k-03swingt.jpg
壁に取り付けてあって、あまり詳細に見られませんでしたが
主翼はバルサのD-BOX構造のようで、主翼後縁も薄く仕上がり
生産数はあまり多くはなさそうなので、あったら買いの機体の一つかもしれません。

フォッカーDr-1
k-04fokker.jpg
k-04fokkert.jpg
今まで多くのDr-1が製品化されていますが、
一番きれいかもしれない。。
nice!(1)  コメント(0) 

第51回 ホビーショー (Hitec) [ホビーショー]

Hitecのブースを紹介します。

hitec-t.jpg

時期発売予定の新作、SoloMaxx 270とSoloPro 3Dを紹介します。

SoloMaxx 270
hitec-solomax270.jpg
ソロマックスの後継機です。
スタビライザーの位置がロターの下になり、より安定性が増したようです。
初級者から中級者向け

SoloPro 3D
hitec-solomax3d.jpg
最小サイズのスタビレスヘリコプター!
SoloMaxxシリーズとほぼ同等の小ささです。
中級から上級者向け



すでに販売されているBell206のデモフライト
hitec-bell206.jpg
固定ピッチの328をベースにしているので安定性と運動性のバランスの良い機体です。
初級から中級者向け
入門・初級向けのタンデムローターのDRACOやEC135をコントロールできるようになったら
次に選ぶ機体に良いと思います。


マルチプレックスのドッグファイター
hitec-df.jpg
独自の発泡素材エラパー製ですので、自由なカラーリングがしやすいのも魅力です。
nice!(0)  コメント(0) 

第51回 ホビーショー (プラモデル関係) [ホビーショー]

プラモデルメーカーのブース

タミヤ
tamiya-t.jpg

ミニ四駆、ラジコンカー、いろいろありますが
tamiya-sweets_1.jpg
スイーツ模型)のデコレーション
女性に大人気!のようです。

tamiya-mb50z.jpg
懐かしいオートバイのプラモデル。
友達も乗っていました。


ハセガワ
hasegawa-t.jpg

キャラクター物の新作ポスター
hasegawa-sw-190.jpg
ハセガワのキャラクター系モデルの切り口はちょっと変わっています。

しんかい6500 1/72
hasegawa-shinkai.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

第51回 ホビーショー (京商) [ホビーショー]

京商のブース

kyosyo-t.jpg

エアリウムの新作
タイガーモス
kyosyo-tigermoth_1.jpg
kyosyo-tigermoth_2.jpg
2.4Ghzの送信機他一式が付属
kyosyo-tigermoth_3.jpg
kyosyo-tigermoth_p.jpg
プラモデルのようなディティールです。
今までのエアリウムシリーズの機体よりも硬質な感じがしました。

ミニューム用のジャイロ
kyosyo-2sj.jpg
小型軽量機はアウトドアで風に煽られた時にどう対処するかが
ビギナーとベテランの違いですが
ジャイロが抑えてくれればビギナーでもあわてずにすみそうです。
kyosyo-2sj_2.jpg
このパイパーカブではエルロンに使用されていて
機体を揺らすとジャイロが反応しエルロンが動作していました。

ミニューム用2.4GhzTxモジュール
kyosyo-2.4mj.jpg
トレーナー対応の普及型の送信機につけて使用するミニューム用のモジュールです。
付属の送信機が小さいので中級者ほどミニュームの操縦に戸惑うのを良く見かけますが
使い慣れた送信機で操縦すると、また違った感覚で飛ばすことが出来そうです。


ARドローン
kyosyo-ard_2.jpg
体験させてもらいました。
インターフェイス(送信機)が違うと操縦に戸惑う見本みたいです。(^^ゞ
制御はスロットルと前後の傾斜(エレベータ)、左右の傾斜(エルロン)、ヨー軸なので
XRBにセンサーを付けてホバリングを補正させているような印象でした。
スマホ(のアプリ)で飛ばすのではなく、いわゆる送信機型のコントローラーならいいのに。。
・・と思う私は旧人類なんでしょうか。。(^^;
nice!(0)  コメント(0) 

第51回 ホビーショー [ホビーショー]

幕張メッセが会場です。

area.jpg

一部ご紹介します。

FUTABAのフラッグシップ T18MZ
futaba-t18mz.jpg
カラー液晶の画面が誇らしげです。

見て回っていると突然「ブォ~~~ン」と大きな音が聞こえました。
音のする所へ行ってみると、、
os-sirius7_1.jpg
星型7気筒のエンジンが回っていました。
(*)音量が大きいのでご注意ください

os-sirius7_2.jpg
OSのシリウス7



写真の整理が出来たら引き続きアップしたいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

50th 全日本模型ホビーショー(プラモデル) [ホビーショー]

SIG7sEYE プラモデルパートです。

スタジオ ミド
studio-mido.jpg
復刻したユニオンのライトプレーン他に新製品も充実してきました。
studio-mido_1.jpg
studio-mido_2.jpg

インドア・ライトプレーン
studio-mido_3.jpg
翼の型の内側を切り取り翼紙をはると
studio-mido_4.jpg
より、軽量化になるとか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

50th 全日本模型ホビーショー(RC) [ホビーショー]

2010 10月16日17日 幕張メッセでホビーショーがあります。
14日から業者の日で14日に行ってきました。

entrance.jpg

panorama.jpg
会場内の様子

出展を控えるメーカーもあり若干出展数が少なくなりましたが
それでも一日で見て回るのはたいへんです。

久々のホビーショーレポート 「SIG’s EYE」
あいかわらず偏ったレポートです。



入場する


nice!(0)  コメント(0) 

第48回静岡ホビーショー その2 [ホビーショー]

すぐれもの!

intelect-checker.jpg
インテレクトのテレメトリ?
バッテリーの状態をチェックできるマルチメーターですが
機体に搭載して計測あとでPCにデータを取り込んでグラフ化できる機能があります。
グラフ化は専用のソフトをCD-Rで付けるそうです。


Hitecの2.4G送信機
hitec-aurora_1.jpg
PCに接続しておくと
hitec-aurora_2.jpg
搭載したセンサーからの情報が表示されます。
hitec-aurora_3.jpgGPSをつけると高度計も動くそうです。

hitec-merlin_1.jpg
マーリン
エレベーターはオールフライングテールでした。
手頃なサイズのグライダーです。

hitec-xeno_1.jpghitec-xeno_1.jpg
ゼノ
無尾翼機、きれいな形でした。
よく飛びそうです。

オラライト新色、ヨシオカ
yoshioka-oralite.jpg
オラライトの不透明版

nice!(0)  コメント(0) 

第48回静岡ホビーショー [ホビーショー]

行ってきました。
いつも通りの偏ったレポートです。

京商のマッキ
kyosho-mach.jpg
良くできていてきれいでした。
飛ばしてみたい機体であります。

kyosho-d_2.jpg
ミニュームの新型、デカスロン
一見、シタブリアと変わらず?!と思いきや、
エルロン仕様となり、主翼も身の詰まったタイプになっていました。
カブのようなADではなく、シタブリア同様の3chタイプ。
また一つバリエーションが増えましたね。
エッジより低速がききそうな機体なので、シタブリアかフライベビーの次に
最初のエルロン練習にベストマッチと思います。

kyosho-extra330sc_0.jpg
ミニュームADのエクストラ330SC
板ファンフライです。
kyosho-extra330sc_1.jpg
デモフライトを見る限り、、、楽しそう!(^^)
おすすめの1機!d(^^)・・・なんですが問題が、、、
PIP仕様で用意されていたのでADの送信機を持っていないと飛ばせません。
できるなら新しいタイプのADの送信機(スロットルがフルストローク)が使いたいですよね。
その送信機単品のリリースも予定にはあるそうですが
エクストラより遅い予定だったので、声を大にして(京商スタッフの皆様失礼しました)
同じタイミングで発売してくれるようにお願いしてきました。
それにしてもどうしてレディセットにしなかったのでしょうね???

kyosho-ff_0.jpg
京商のライトプレーンが復活!
フリーフライト機ですが、ミニューム系のメカがあれば・・・とよからぬ思いが。(^^ゞ
kyosho-ff_1.jpg
このグライダーに積むのもおもしろいかも。。

みど
mido-ff_1.jpg
フリーフライト機といえば
ユニオンのライトプレーンが新しい会社で復活!!

mido-ff_2.jpg
参考出展品です


続く
nice!(0)  コメント(0) 

全日本模型ホビーショー [ホビーショー]

昨日幕張メッセへ行ってきました。
またカメラの調子が悪く、途中から記録・保存できなくなり
残った画像もデータが壊れていたりしたので、ほんのごく一部のレポートです。(^^;

今年は国産プラモデル生誕50周年ということでプラモデルの歴史が展示されています。
081016-2.jpg
懐かしいプラモデルがたくさん展示されていました。
パチ物のロボットや怪獣などのプラモデルを見ると活力みたいなものを感じました。
ディティールの素晴らしい高価なモデルも良いですが
子供に身近なプラモデルこそ本来の姿のような気がします。

国産初のプラモデルの金型だそうです。
08-10-16_16-05~00.jpg
08-10-16_16-06.jpg
08-10-16_16-06~00.jpg

著名人やプロモデラーさんの作品もあります。
081016-mzkj.jpg
081016-3.jpg

○ラジコンブースから
京商のスケール機が豊富になった印象です。
081016-k2.jpg
新製品のF-22・ラプター
既存のF-4やF-16と同じサイズのシリーズです。
081016-k3.jpg
参考出展のF-14
ラプターなどより大きいスケールで迫力がありました。
他の参考出展にちょっと大き目のF-16もありました。(写真右の青系迷彩の機体)
以前のダクトユニットにBLモーターを搭載し
ボディはPIPのF-16同等にスケール感の向上したものでした。
081016-k4.jpg
プリマクラッセの新製品、ユンカース・スツーカ
081016-k4_2.jpg
独特のフラップなども再現
081016-k5.jpg
プリマクラッセで見本展示されていたYS-11

注目のミニューム、エッジ540
081016-m1.jpg
081016-m2.jpg
カラーリングはステッカーで再現されているようでした。
・・・オリジナルのステッカーを作って貼り直したいです。(^^ゞ
081016-m3.jpg
次は複葉機!? 楽しみですね。(^^)

081016-k7.jpg
ミニュームADキャリバーの新ボディ
081016-k8.jpg
充電器等周辺機器も。
展開が広がると安心して使えますね。
081016-k6.jpg
こんなのも展示されてました。
発売されたらインドア自作機の幅が広がりそうです。

ヒロボーのSRBには後付けのライトユニットが年末に発売。
ライト(マウント付きLED)を両面テープで機体に貼り付け
コントロールボックスを本体の受信機部分のコネクターに接続するだけで取り付け完了
発光パターンを変えることが可能でかなり楽しめそうです。

OKの新製品には
10クラススタント機のキットが!!
すでに雑誌の記事に写真がありましたがキャバリーノには水上機仕様も
気になるフロートですが、オーソドックスな若干の機種上げ姿勢仕様のようでサイズなども適正
好感のもてる仕様となっていました。
フロートの取り付けも簡単そうですが、治具があると誰でもより簡単に取り付けられそうだったので
キットには厚紙かなにかの治具をつけてくれるように頼んでみました。(^^ゞ

081016-ok1.jpg
30クラスのキャバリエにちょうどのサイズの引き込み脚ユニット
081016-ok2.jpg
引込みユニット自体にモーターが組み込まれリンケージ不要!
メインギヤ用、ノーズギヤ用がありプログラマーでディレイの設定も可能!
25クラスのスケール機などにも良さそうですね。



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ホビーショー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。