So-net無料ブログ作成

160221 [インドア飛行会]

パイロンVer.2を作って持って行き
さっそくベテランパイロットさんに使ってみてもらいました。
160221_4-ta1.jpg
160221_5-ta2.jpg
このタイプが新作の円柱型です。

160221_3-p1.jpg
こっちが前回製作した三角錐型
年始にオブジェクトとしてデビュー?したTタワーの
下部分の構造を発展させて製作しましたが、
新型はTタワーのアンテナ接続部の構造をはってんさせた形式です。

材料はこれ
160221_1.jpg
これで2塔分です。

メリットは、
邪魔にならない。
持ち運びの体積がとても小さくできて便利です。
デメリットは、発泡素材の端面の垂直度合い低く若干ぐらつくこと。
端面の処理は軽く紙やすりをかけてパーティん具ラインを消しただけだったので
端面の直角を出して製作すればよくなるかもしれません。

私もEPPアクロ機を飛ばし、ぶつけて壊れ具合を試してみました。
気持ちよく壊れてくれます。

三角錐方パイロンは、その上に着陸させようとして遊べます
160221_7.jpg
160221_8.jpg

前回、機体の不具合が明確になったEC
160221_9-oh1.jpg
調整をつめてきたそうで、快調になっていました。
160221_10-oh2.jpg

160221_11-ta3.jpg
スケール機もいいですね。


パイロンヒットでプロペラが当たるとこうなりますが
160221_12.jpg
この傷のぶんだけ機体のほうのダメージが無いと思えば本望。
ちなみに
160221_14.jpg
パイロン接続部の磁石の埋め込み状況です。

160221_15.jpg
持ち運び時はこうなります。
機体がぶつかってバラけた時もこうなります。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。