So-net無料ブログ作成

110424 [インドア飛行会]

日が伸びてきました。
体育館に向かう道すがら、夕日の反対方向に東に虹が見えました。


Naさんのニューウェポン!?
110424_4.jpg
110424_5.jpg
出来立てほやほやの機体だそうで、
ディフォルメしたパイパーカブのような高翼機スタイルですが、
高速をキープして舵は慎重に丁寧に小さく打たねば、すぐに方向安定を失います。
かなりのじゃじゃ馬でした。
とにかくテールモーメントが少なく、
現状の倍ぐらいの尾翼面積があってもいいかもしれません。
アンダーキャンバーのついた翼型なので、ダウンスラストも増やしたい。。etc
総合的に高速仕様の機体なのに、アクロ機並みの舵角設定がデフォルトの機体・・(^^;;;
そういえば、まえの***ボーイ?もそうでした。
じゃじゃ馬がNaさんの趣味であることに間違いはなさそうです。(^^ゞ


110424_1.jpg


110424_2.jpg
Satoさんにはプチトレーナーならではの練習方法を提案してみました。
広めの体育館とはいえ、パワーをかけすぎていると、すぐに壁がせまります。
しかし、まだ適度なスロットルにコントロールするのは難しい。
ましてや旋回も、どれぐらい舵をきるとどういう挙動が出るかを把握できていないので
壁の手前で任意の方向に旋回する舵が打てない。
そこで、
水平飛行に少し足りないスロットルで固定して手投げをして
前方の目標に向かってまっすぐ飛ばし、着陸したらタキシングで足元まで誘導する。
という練習を提案してみました。
1.安定した手投げ発進 (スロットルの程度による飛行距離(ピッチアングル)の体感)
2.目標へ向かった空中での穏やかな操舵(直線飛行の意識化)
3.タキシングでの対面操舵
を含む練習です。
これで基本的な操舵感覚の1ステップを複合的に身につけられれば良いと願います。
110424_3.jpg
Saさん、多機能充電器にも挑戦。(^^)


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

JD_NI

皆様、震災を心配していましたが
  元気で活動されて安心しました。

また、新作のデホルメパイパーカブ風(白い機体)機
良い仕事されていますね。材質は、EPPなのでしょうか?
by JD_NI (2011-05-01 22:59) 

まりあじじ

JD_NIさん、こん○○は
EPPに外皮・梱包テープ補強スタイルの機体でした。

コメントありがとうございます。
コメントに気がつかずすっかり遅くなりました。
by まりあじじ (2011-05-25 13:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。